【真相】古谷一行の死因や病気は?予期せぬ出来事とは肺がんではなく事故?

スポンサーリンク

俳優の古谷一行さんの訃報が報じられました。

古谷一行さんは、これまでにも大病を患い手術などをされてきたそうです。

今回は古谷一行さんの死因や病気について調べました。

目次

【ニュース概要】古谷一行が死去

2022年9月2日、俳優の古谷一行さんの訃報が報じられました。

こちらの記事によると、古谷さんは同年8月23日に死去が報じられていたようです

病気を克服し、トレーニングをしているという段階での報道だったみたいですね

年齢は78歳です。

葬儀はすでに行われていて、後日お別れ会が開かれるそうですね。

多数の作品に携わってきた古谷一行さん。

世間では悲しみの声が多く寄せられております。

ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

古谷一行の死因(病気)は肺がん?

ここでは古谷一行さんの死因について調査しました。

現時点の報道では、死因について言及されておらず、詳細については分かっていないみたいですね。

尚、古谷さんは生前に、複数の病気を患っていたとのこと

古谷さんの過去の病気について調べてみたところ、

  • 2011年10月:肺がん
  • 2012年:仕事復帰
  • 2014年:がんが再発し脳へ転移
  • 2020年9月:急性胃潰瘍

このように確認されております。

最初の病気は、2011年の早期肺がんで、腫瘍の摘出手術を受けていたとのこと

幸い、早期発見により肺以外への転移はなく、2012年には仕事復帰を果たしておられました。

がんと闘病をされていた古谷さんですが、当時のがんは放射線治療の効果が見られており、完治したとのことでした。

「病克服後、次なる挑戦に向けて、家族の見守りと共にトレーニングに通う日々を送っておりました矢先、この度の訃報となる予期せぬ出来事に見舞われてしまいました」という。

引用:Yahoo!ニュース

しかし、肺がんの腫瘍摘出手術から約3年後の2014年。

医師の勧めで肺がんのMRI検査を受けた結果、脳への転移が見つかっていたそうです

ですが、こちらに関しても幸い早期に発見したとのことで、放射線治療により、2年後に消滅しております。

そして2020年9月には、急性胃潰瘍を発症し緊急搬送されておりました

こちらの病気も回復はされたものの、この頃には激やせが話題となっておりましたね。

更にがんが再発されていない限り、死因はがんだと特定するのは難しそうですね。

今回、お亡くなりになってしまったのも病気ではなく、体力的に弱ってしまったからでしょうか。

スポンサーリンク

古谷一行の予期せぬ出来事とは事故?

ここまで、古谷一行さんの死因や病気についてまとめてきました。

現時点ではニュースでも明らかとされておらず、報道では不可解な言葉が目立ちました

その内容とは、「予期せぬ出来事」という言葉です。

報道の見出しでは、

俳優•古谷一行さんが死去 78歳 所属事務所が発表「予期せぬ出来事に見舞われてしまいました

引用:livedoor NEWS

と出ておりますね。

では、一体予期せぬ出来事とはどのような出来事なのでしょうか。

ネット上では様々な憶測が話題となっており、もしかしたら「病院で事故?」などの意見も。

尚、本件に関しては現時点では明らかとなっておらず、ニュースや報道で続報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は「【真相】古谷一行の死因や病気は?予期せぬ出来事とは肺がんではなく事故?」を紹介してきました。

ご冥福をお祈りします。

あわせて読みたい
【顔画像】古谷一行の家族構成(嫁•子供)は?息子は降谷建志で孫は降谷凪だった 日本を代表する俳優の古谷一行(いっこう)さんの訃報が報じられました。 年齢78歳にして死去されましたが、過去に複数の病を患っていたそうですね。 今回は古谷一行さん...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる