佐藤陽子の死因(病気)は肝臓がん!池田満寿夫との結婚や馴れ初めは?

“天才バイオリニスト”と称された佐藤陽子さんの死去が報じられました。

年齢は72歳で、死因(病気)は肝臓がんとのことでしたね。

佐藤陽子さんの旦那(夫)は池田満寿夫さんとのことで、結婚や馴れ初めについても調査しました。

それでは早速見ていきましょう。

目次

【ニュース概要】佐藤陽子が死去

2022年8月1日、バイオリニストの佐藤陽子さんの死去が報じられました。

  • 名前:佐藤陽子 (さとうようこ)
  • 生年月日:1949年10月14日
  • 年齢:72歳 (2022年8月現在)
  • 出身地:福岡県福島市
  • 学歴:モスクワ音楽院
  • 職業:バイオリニスト、エッセイスト、声楽家

ニュース報道によると、静岡県熱海市内の病院でお亡くなりになられたとのこと

佐藤陽子さんは世界的にも活躍されており、訃報は全世界中に報じられているようですね。

佐藤陽子さんの旦那さんは、版画家の池田満寿夫さんでもあり、多くの方が注目をしておられました。

スポンサーリンク

佐藤陽子の死因(病気)は肝臓がんだった

佐藤陽子さんの死因(病気)は「肝臓がん」だと報じられておりました

2022年8月現在、72歳の佐藤さん。

抗がん剤などでの治療をしてこられたそうですが、残念ながらお亡くなりとなってしまいました。

ニュースによると、葬儀は近親者のみで済ませたとのことでした。

スポンサーリンク

佐藤陽子と池田満寿夫との結婚や馴れ初めは?

佐藤陽子さんの旦那(夫)は池田満寿夫(ますお)さんです

池田満寿夫さんは国際的版画家で、芥川賞作家、映画監督など様々な肩書きを持っておられます。

ここでは2人の結婚や馴れ初めについて調査しました。

【1977年】馴れ初めは文化講演会だった

1977年、天才バイオリニストの佐藤陽子さんと、国際的版画家の池田満寿夫さんが運命的な出会いを果たしました。

2人の出会いのきっかけは、山形県で開催された文化講演会だったとのこと

池田満寿夫さんは佐藤陽子さんのどこに魅力を感じたのか、インタビューで答えておられました。

僕は彼女が非常に好きだし、ものすごく才能のある人だと思っている。友達としても大変魅力的な女性だ。大体、僕は自分の仕事を持っていない女性とは、何を話していいのかわからない。愛とはコミュニケーションで、相手をわかろうという気持ちと同時に、自分のこともわかってもらいたいんです。

【1979年】結婚が話題にあがる

そして1979年に、佐藤陽子さんと池田満寿夫さんの結婚が話題にあがりました

当時の佐藤陽子さんは29歳で、池田満寿夫さんは45歳。

芸能界でもおしどり夫婦として有名ですが、実は2人は戸籍上は正式な夫婦ではなかったんです!

1979年2月、佐藤陽子さんは前夫(外交官の岡本行夫さん)との協議離婚が成立していたそう。

また池田満寿夫さんには当時、妻のリランさん(中国系アメリカ人)が存在しておりました。

法律上でもまだ離婚していなかったため、佐藤陽子さんと池田満寿夫さんは正式な夫婦とはなっていなかったんですね。

【1982年】静岡県熱海市で一緒に暮らす

以降、1982年からは、静岡県熱海市で2人は一緒に暮らしていたそうですね。

尚、本件に関しては引き続き調査を継続していきます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は「佐藤陽子の死因(病気)は肝臓がん!池田満寿夫との結婚や馴れ初めは?」を紹介してきました。

ご冥福をお祈りします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる