三宅一生の死因(病気)は肝細胞がん?経歴や学歴が優秀すぎる!

スポンサーリンク

大人気ファッションブランド「イッセイミヤケ」を展開していた三宅一生氏の死去が報じられました。

84歳での訃報となりましたが、死因は肝細胞がんという病気とのことです。

今回はそんな三宅一生氏のニュース概要や、経歴•学歴についてまとめてみました。

目次

【訃報】三宅一生が死去

2022年8月9日に、ファッションデザイナーである三宅一生氏の死去が報じられました。

年齢は84歳とのことでした。

以下、三宅一生さんのプロフィールとなります。

  • 名前:三宅一生
  • 本名:みやけ かずなる
  • 生年月日:1938年4月22日
  • 年齢:84歳 (2022年8月現在)
  • 出身地:広島県広島市東区
  • 職業:ファッションデザイナー
  • 身長、体重:不明
  • 血液型:不明
  • 家族構成:不明

ファッションブランド「イッセイミヤケ」を手がける三宅一生氏の訃報は、世界的にも大きなニュースとなっているようです。

イッセイミヤケというブランドは、日本人の中でもとても有名ですよね。

あのスティーブ•ジョブズが愛用していたことでも知られております

ジョブズ氏の黒いタートルネックもイッセイミヤケの商品であることも有名です。

スポンサーリンク

三宅一生の死因(病気)は肝細胞がん?

ここでは三宅一生氏の死因について調査しました。

ニュースによると、『肝細胞がん』であることが判明しております。

年齢は84歳ということですので、何らかの病気にかかっていた可能性もあります。

しかし、直接の原因は肝細胞がんとのこと。

尚、三宅一生氏は2015年に読売新聞の記事で、『被爆者』であることを告白しておられました

その際、母を亡くしておられ、ご自身は「骨膜炎」を発症したとのことでした。

スポンサーリンク

三宅一生の経歴や学歴が優秀すぎる!

ここでは三宅一生氏の経歴や学歴について調査しました。

三宅一生の経歴は?

三宅さんがファッションに目覚めたきっかけは、1968年の「五月革命」だそうです

五月革命に繰り出す人々を見て、服を作りたい想いが強くなっていったとのこと。

三宅さんが求めていたファッションは、一枚の布を身体にまとうファッションです。

インドのサリーみたく、一枚の布で完結するファッションが普遍的だと考えておられたそう

逆に、ヨーロッパの高級な服や身体にピッタリと合う服については、あまり追い求めていなかったとも語っておられました。

そんな三宅さんのモットーは「生地をできるだけ捨てずに使う」こと。

そして驚きなのは、これまでに受賞された数々の賞についてです。

  • 1977年:毎日デザイン賞
  • 1990年:ヒロシマ賞
  • 1991年:フランス芸術文化勲章コマンドール
  • 1992年:朝日賞
  • 1997年:紫綬褒章
  • 2005年:高松宮殿下記念世界文化賞•彫刻部門
  • 2006年:京都賞思想•芸術部門
  • 2010年:文化勲章
  • 2016年:フランスレジオンドヌール勲章コマンドール

なんと、9つもの表彰を受けておられたんですね!

とても優秀な経歴をお持ちのようでした。

三宅一生の最終学歴は多摩美術大学

また、三宅一氏の学歴について調査したところ、最終学歴は「多摩美術大学(図案科)」を卒業されておりました。

多摩美術大学

〒192-0394

東京都八王子市鑓水2丁目1723

尚、現在は図案科という学科はなくなっており、生産デザイン学科のテキスタイルデザイン専攻になっている可能性が高いとのことでした。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は「三宅一生の死因(病気)は肝細胞がん?経歴や学歴が優秀すぎる!」を紹介してきました。

ご冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる