【顔画像】日本最古のトイレ(東福寺)•車突っ込み破壊は誰で名前は?30歳男性職員

スポンサーリンク

2022年10月17日に、京都の東福寺で日本最古のトイレに車で突っ込む事故が起きました。

ニュースでは衝突後の出入り口の木造扉の画像が公開されており、とても衝撃的でしたね。

今回は東福寺に車で衝突した人物とは一体誰なのか、名前や顔画像を調査しました。

それでは、早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

目次
スポンサーリンク

【ニュース概要】日本最古のトイレ(東福寺)に車が突っ込み扉を破壊

2022年10月17日の午前9時30分頃、京都市東山区本町15丁目の東福寺で、乗用車が衝突する事故が起きました。

境内にある重要文化財の木造建築「東司(とうす)」に、車が突っ込み、出入り口の木製扉が破壊されてしまったようです。

「東司」とは室町時代前期に建てられた禅寺の便所であり、国内最古で最大のトイレだそうですね

車の切り返し中に、東司の出入り口にバックで突っ込み、観音開きの木製扉を破壊して建物内部まで入り込んでしまったとのこと。

運転手はギアがバックに入った状態で、間違ってアクセルを踏んでしまい、事故になってしまったそうです。

東司は現在使用されておらず、怪我人も出ておりませんが、ここまで破壊されてしまう事故は初めてなんだとか。

尚、現時点では復旧の見込みは年明けになるのではないかと言われております。

なんとか紅葉の季節までに復旧したいとのことですが、なかなかと難しそうとのことでした。

スポンサーリンク

【顔画像】車突っ込み破は壊誰で名前は?30歳男性職員

日本最古のトイレの扉が破壊されてしまったという事件。

ここでは、東福寺に突っ込んでしまった人物とは、一体誰なのかを調査しました。

ニュースによると車の運転手は、

  • 30歳男性
  • 京都古文化保存協会の職員

と出ておりました。

京都古文化保存協会の男性職員(30)が運転する乗用車が、現存する日本最古の便所として知られる東司(とうす)(国の重要文化財)に後進して突っ込んだ。

引用:産経ニュース

そこで、「京都古文化保存協会」を検索したところ、

出典:activo.jp

ご覧の通り、職員数は3名であることが判明しました

続いて「京都古文化保存協会」のHPをチェックしたところ、気になる情報を発見しました。

それは、2021年9月9日に、京都古文化保存協会と京都ハンナリーズ(プロバスケットチーム)がパートナーシップ協定を締結されていたとのこと

文化財所有者の団体として文化財保護活動を行う公益財団法人京都古文化保存協会とプロバスケットボールチームであるスポーツコミュニケーションKYOTO株式会社(京都ハンナリーズ)様は、令和3年9月9日、パートナーシップ協定を締結しました。

引用:kobunka.com

上記の内容はなんと、写真付きで掲載されていたんです!

該当の画像がこちらです。

もしかしたら、この写真の人物の中に30代男性職員がいる可能性がありますね

バスケットのユニフォームを着ているのは、京都ハンナリーズの選手となります。

そのため、見た目から30代男性職員がある程度限られてくるのではないでしょうか。

しかし、現時点では該当の職員について、顔画像や名前については公表されておりませんでした。

本件については、引き続き続報を待ちたいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は「【顔画像】日本最古のトイレ(東福寺)•車突っ込み破壊は誰で名前は?30歳男性職員」を紹介してきました。

それでは今回はこれにて失礼します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる