【死去】大西祐貴(ラーメン蔦)の死因は細菌感染?愛猫に噛まれた真相とは?

スポンサーリンク

2022年9月23日に、ラーメン屋「Japanese Soba Noodles 蔦」の店主である大西祐貴さんの死去が報じられました。

まだ43歳という若さだったのですが、一体なぜ亡くなってしまったのでしょうか。

今回は、大西祐貴さんの死因について調べてみました。

それでは早速見ていきましょう。

目次

【訃報】大西祐貴(ラーメン蔦•店主)が死去

2022年9月23日、ラーメン屋の店主である大西祐貴さんの訃報が報じられました。

大西祐貴さんが店主を務めているお店は「Japanese Soba Noodles 蔦」です。

世界で初めてミシュランの星を獲得したラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」を創業し、国境を超えて世界的にラーメンの人気を確立させた、才能に満ち溢れたシェフでした。

蔦の公式Twitterでは、以下のように報告しております。

訃報のお知らせ

Japanese Soba Noodles 蔦

オーナーシェフ大西祐貴が享年43歳にて急逝いたしました。

ここに生前のご厚誼に心より感謝し謹んでお知らせ申し上げます。

ご覧の通り、大西祐貴さんの年齢は43歳でした。

まだ若いことからも、なぜ死去してしまったのでしょうか。

死因については、公式ではまだ明かされていないため、次で詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

大西祐貴の死因は細菌感染?愛猫に噛まれた真相とは?

43歳という若さでお亡くなりになってしまった、ラーメン屋店主の大西祐貴さん。

死因についてはまだ明らかとなっておりませんが、ネット上では気になる情報を見つけました。

12日に愛猫に噛まれて細菌感染したコトが死因のようだ

ご覧の通り、大西さんのファンの間では、細菌感染が直接的な原因ではないか?との話題が。

そしてTwitterを深掘って見てみると、以下の時系列で投稿されておりました。

2022年9月14日に、大西店主が「腕負傷の為」調理困難となり臨時休業をされておりますね

その後、大西店主ご本人のツイートでは、昨晩愛猫に左手を本気で咬まれ、起きたら激痛が走ったとのこと。

大西店主は、2022年9月13日の晩に愛猫に噛まれていたようです

湯切りと鍋を持つことが難しかったので、大事をとりお店は休業し皮膚科へと向かわれたようです

そして、取り急ぎではありますが、菌を殺す飲み薬を飲み、軟膏を塗って安静にされたようですね。

また悪化したら「切開」が必要なので、先生の言うことを聞いておくとの投稿もされておりました。

世間的に見ても、猫による噛みつき事故は珍しくはないとのこと。

SNSでは「敗血症性ショック」が原因ではないか?との声もあがっておりました。

敗血症性ショックとは感染症によって引き起こされたショック状態を敗血症性ショックと呼びます。

ショック状態とは、臓器が必要としているだけの酸素や栄養分が届いていない状態のことを指します。そのため、敗血症性ショックでは、血圧がうまく維持できずにさまざまな臓器障害をきたす状態を指します。

引用:medical.note.jp

具体的な症状としては、

  • 意識が朦朧とする
  • 尿がうまく出ない
  • 手足が冷たくなる

などの事例があるそうですね。

敗血症性ショックを治療せずに放置してしまうと、命に関わるそうで積極的な治療を行うことが求められる状態であるとのことでした。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は「【死去】大西祐貴(ラーメン蔦)の死因は細菌感染?愛猫に噛まれた真相とは?」を紹介してきました。

それでは今回はこれにて失礼します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる