【動画】中村慎太郎•五十嵐メイへの暴言内容がヤバすぎる?散歩で炎上が加速?

スポンサーリンク

西葛西出版の社長を務める中村慎太郎氏に注目が集まっております。

五十嵐メイさんとのTwitter生対談中に、暴言が吐かれたとのことで話題となりました。

暴言の内容とは一体どのようなものだったのでしょうか。

それでは、早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

目次
スポンサーリンク

中村慎太郎が五十嵐メイにTwitter生配信で暴言

2022年10月26日に西葛西出版(東京都江戸川区)は、サッカーの紀行本「『推し』に押されてリトアニア」の出版を中止すると発表しました。

10月24日に行われたTwitterでの生配信にて、同社の社長を務める中村慎太郎氏が暴言を吐いたとのことで、物議を醸しているようです

Twitterでの対談相手は、「『推し』に押されてリトアニア」の作者である五十嵐メイさん。

視聴者からの苦情が殺到し、著者が自ら出版の停止を申し出たとのことでした。

このように、著者の五十嵐メイさんはプロジェクトが中断されることに関してTwitterで配信をされておりました。

そして本件に関して、SNSでは以下のような声が上がっております。

ご覧の通り、厳しい意見が多く上がっておりますね。

では一体、Twitterの生配信ではどのような内容を言ったのでしょうか。

次で具体的に調べてみました。

スポンサーリンク

中村慎太郎の暴言内容がヤバすぎる?動画や音声は?

それでは中村慎太郎社長が五十嵐メイさんに言った暴言とは、一体どのようなものなのでしょうか。

内容を調べてみると、以下の通りとなります。

  • 本を売るのは筆者の責任
  • この本の売りが分からない
  • フットサルの本なんて売れない
  • 俺は売り方分かってるが、君はどう売る気なの?

Twitterの生配信中に、著者の五十嵐メイさんにこのような内容を言ったとのこと。

もし本当だとしたら、パワハラ的な発言を行っているような感じがしてしまいます。

しかし、中村慎太郎社長が五十嵐メイさんに言ったとされる内容は、音声や動画では残っていないようです

そのため、中村社長がこれらの発言をしたのかどうかの事実を、確認することができない状況でした。

尚、実際に配信を聞かれていた方の感想が、Yahooコメントで公開されておりました

聞いていました。まず冒頭から酷かった。

配信開始の時間にこの社長はまさかの居酒屋から参加。

それも周りの人たちとワイワイと配信には無関係の話で盛り上がったまま。

仕事も著者のことも馬鹿にしてるとしか思えない。

挙句、趣旨とは異なる催促にもならない持論を展開して著者を必要以上に責め立てる。

権力にものを言わせた典型的なモラハラでしかなく、また、これが配信されることの問題点も理解しておらず無自覚でやっていることが恐ろしい。

この雰囲気だとまだ何がいけなかったか理解している気がしない。

地獄のようなスペースだった。

彼女には別の出版社で夢を叶えてほしいし、応援したい、こんなことで夢を潰されてはならない。

どうやら五十嵐メイさんに放った内容以外にも、居酒屋から配信をしたことなど、態度にも厳しい意見が寄せられているようです

スポンサーリンク

中村慎太郎の炎上が散歩で加速?

ここまで中村慎太郎社長のTwitter配信内容を見てきました。

現時点では証拠はないものの、Twitter上で物議を醸しているのは事実です。

SNSを見ていると、配信内容以外で炎上している様子でした。

それは配信を見ていた人が批判しているにも関わらず、対応が遅くなってしまったことです。

これらの意見を見ていると、どうやら中村慎太郎社長は、

謝罪をせずに散歩をしていた

とのことで、新たに物議を醸しているようです。

Yahooコメントを見てみると、

スペース内の発言も酷かったようだけど、その後の対応もかなりまずかった。

色々言っておきながら直後に「素晴らしい本なので絶対完成して世に出す」と手のひら返し。

著者がプロジェクトの中止を申し入れるも、「今日は50キロ歩く日だから」とそれ以外のことはツイートしないと宣言して14時間歩く。

関係者からの抗議や意見を受け、謝罪文を出したのは翌日夜。

関係者の方曰く本自体はかなりの力作のようなので、何とか他の出版社で日の目を浴びて欲しいなぁ…

すぐ対応を行わなかったことが、炎上を加速させてしまったのでしょうか。

尚、中村慎太郎社長はTwitterにて本件について謝罪をしておられます。

SNSでの配信ライブは注意すべき事項が多いですね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は「【動画】中村慎太郎•五十嵐メイへの暴言内容がヤバすぎる?散歩で炎上が加速?」を紹介してきました。

Twitterでの配信時にパワハラ発言があったと物議を醸しておりました。

ただ、以降の対応に関しても問題視される方がいたようにも感じます。

それでは今回はこれにて失礼します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる